ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

佃煮 賞味期限

ホームページ用貼付け画像ちりめん山椒 写真pixta_3420969_M

 

 

おいしい佃煮を取り揃えております。

絶品佃煮お取り寄せ本舗のホームページはこちらから

 

佃煮の賞味期限について

佃煮は、古くから日本の食卓に登場する回数の多いポピュラーなおかずです。

老舗で秘伝の煮汁などを使って作られたものもあれば、家庭で主婦が作るものもあります。すぐに食べなくてはいけない生モノと違って、佃煮は賞味期限が長いので、家庭での保存食としても活躍してきました。

冷蔵庫がなかった時代には、塩や醤油を使って佃煮以外にも、さまざまな保存食が作られていました。佃煮の材料としてはおもに、海の幸・山の幸などを細かく刻んだもので、醤油や砂糖、酒などと一緒に鍋に入れて煮込んで作るのが一般的です。

海の物はイカナゴなどの小魚や昆布などの海草、アサリなどの貝類です。

山の物は、しいたけなどのキノコ類、長野県などの地方ではイナゴなどの昆虫を蛋白源として佃煮にしていました。

現在では、老舗の佃煮屋がインターンネットのショップを開いていて、直接店舗に出向いて行かなくても、さまざまな種類のものを購入できるようになっています。賞味期限については、それぞれのパーケージに刻印されているので、それを参考に美味しい間に食べることができます。また、賞味期限が生鮮食品と違って長めの佃煮は贈答品にも好適です。お中元やお歳暮の時期は、生鮮品を贈るよりも、賞味期限が長いものを贈る方が喜ばれます。海外に住んでいる日本人にプレゼントをする場合にも、旅行などで現地の日本人に手土産を持っていく場合にも、パッキングがされた佃煮は大変好評なお土産のひとつです。

t002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ