ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

佃煮 老舗 お取り寄せ

ホームページ用貼付け画像ちりめん山椒 写真pixta_3420969_M

おいしい佃煮を取り揃えております。

絶品佃煮お取り寄せ本舗のホームページはこちらから

椎茸昆布 自宅用 イメージ

老舗(しにせ、ろうほ)とは、代々続いて同じ商売をしている格式・信用のある由緒正しい古い店。伝統的に事業を行っている小売店・企業(会社)などのことで、商業に関係しないながらも古くから関連する活動形態の先駆的な組織・団体を指す場合もあると表現されているが、定義の一つとして、東京商工リサーチによると創業30年以上事業を行っている企業となっている。

松島屋は、創業35年になりますので、そういう意味では、老舗店だと思っております。

IT業界など比較的新しく企業の勃興が激しい業界や市場では、5年ないし10年程度で老舗扱いされることもあり(例えば、インターネットサービスプロバイダのインターネットイニシアティブ (IIJ) (1992年12月設立)など)、市場の黎明期に先駆的な開拓を行ったりあるいはその市場そのものを育ててきた企業というのも老舗と呼ばれるに相応しい存在でしょう。

老舗と呼ばれる企業では経営者が何代にも渡って交代しながら経営を続けていますが、個人経営の中小企業でも世襲的に一族が受け継いでいる場合が多いと思います。企業規模が大きなところでは、多角化や市場ニーズに柔軟に対応する上で分割や合併を繰り返しながら幾度と無く経営者の交代する傾向も見られる。大企業に在っても代表取締役(=社長)は世襲で、縁故や人脈で形成された重役会が下部組織の統括を担っているなどの業態を取るケースも見られる。

老舗は昔から伝統的に事業を展開するため信用性が高いとされるが、一方で経営が保守的になりがちとなりやすい傾向も見出せる。平成不況では、ニッチ市場など末端消費者のニーズに即した業態が急成長を見せる一方で老舗が時代の波に乗りきれずに倒産(いわゆる老舗倒産)するケースもよく目にします。

日本には創業100年以上の企業が10万、200年以上の企業が3,000以上あるとされ、酒造・和菓子・製造業など伝統産業が多くを占める。

呉服店には江戸時代に創業した所も多いが、百貨店に変化していった老舗も多く、2000年代現在に生き残っている百貨店(特に高級店)では、電鉄系のデパートとしのぎを削っている。呉服屋を出自とする百貨店に関しては三越(創業1673年)が代表格である(日本の百貨店)。

韓国などでは小売店や飲食店、製造業といった小規模事業者の社会的地位が低く見られていたため、老舗という概念が尊ばれることが少ない。これは子孫に家業を継がせるよりも自分達の代で稼げるだけ稼ぎ、子供達は大学から大手企業へと就職させ、自分の代で家業を閉めるか他人に譲ることが良いと考えられる風潮があるそうです。

t002

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ