ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

佃煮 ギフト 冠婚葬祭

口に広がる佃煮の奥深い世界

ホームページ用 ししゃもきくらげ(イメージ) ホームページ用 ちりめん山椒(イメージ) ホームページ 椎茸昆布(イメージ) ホームページ しめじ亭(イメージ)
味松葉(イメージ) とろろ巻昆布(イメージ) ごぼうせんべい(イメージ) 箱(1個)

ささっとご飯を済ませたいとき、お弁当のおにぎりにちょっと変化を加えたいとき、頂きものの佃煮がとにかく重宝です。

多少濃い目の味付けで、日持ちもするし、白いご飯によく合います。

ギフト商品であれば、ちょうど食べきりサイズで何種類も入っていて、その中からお気に入りを探すのも楽しみです。

これまでであれば、地元の方からのお中元やお歳暮でしか知ることのなかった味も、最近はネット通販で手軽に注文できてしまいます。

ギフト用といっても、それほど値が張るものでもなく、相手の好き嫌いに余り悩まず、安心してどなたにでも送ることができるのは大きな強みです。

どれも味付けにそれほどの違いはないにもかかわらず、素材のうまみで変幻自在に楽しめるのは、その地方地方で長らく作り続けてこられた老舗の業といえるでしょう。

もっとも老舗に限らず、例えば一年のうちで一月程しか採れない、その土地ならではの小魚を佃煮にすることが、その地方の風物詩になっていることもあります。

その土地の季節の味ともいうべきもので、そんな時には各家々で朝から佃煮を作るおいしい匂いが町中に漂います。

というのも、自作の佃煮を親戚や知り合いにお届けできるよう、ご丁寧にもその日の朝に水揚げされたばかりの佃煮用の小魚と共に、タッパも一緒に売られているのです。作り方を教えてもらえるのは、言うまでもありません。

t002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ