ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

佃煮 お中元 通販

ホームページ用貼付け画像ちりめん山椒 写真pixta_3420969_M

 

 

おいしい佃煮を取り揃えております。

絶品佃煮お取り寄せ本舗のホームページはこちらから

佃煮の歴史とお中元での贈り物

私たち日本人は人に対して贈り物をする習慣があります。

誕生日、記念日、入学、卒業、入社、退社、結婚、妊娠、出産、還暦などその人にとってのお祝いごとの時に贈ります。

また、お中元、お歳暮などの時期にも日本の風習として贈ります。

このように日本人は友人や知人などに対して贈り物をして、お祝いをしたり、日頃のお世話をあらわしたりする習慣があるのです。

このなかでも夏の時期に贈るのがお中元です。

お中元は7月15日から8月15日までとされており、その時期に贈るのが通例です。

日本では江戸時代に先祖への供物と一緒に商売で世話になっている人などに贈り物をしたのがお中元と呼ばれるようになりました。

このお中元での贈り物で定番なのが佃煮です。

佃煮とは主に海産物を使用してつくられます。

砂糖やしょうゆなどを使って甘辛くした日本の食べ物です。

この中には小魚や貝、海藻類や場合によってはイナゴのような昆虫も使用されています。

また、牛肉の佃煮なども存在しています。

佃煮だけで食べる場合もありますが、ご飯のおかずとして食べることが多いです。

佃煮は漁師が考案した食べ物とされています。

漁に出かける時に悪天候でも食べられる保存食としてつくられました。

保存性の良さ、低価格などから爆発的な普及をし、瞬く間に全国に広がったと言われています。

お中元においては佃煮が特に年配の世代からは喜ばれ、通販でも入手可能な商品になっています。

時を超えて現在でも人気のある商品なのです。

t002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ