ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

お通し

ホームページ用貼付け画像ちりめん山椒 写真pixta_3420969_M

 

 

おいしい佃煮を取り揃えております。

絶品佃煮お取り寄せ本舗のホームページはこちらから

 

お通しとは何のために存在するのか

居酒屋に行くと、ほぼ必ずと言ってよいほど出てくる「お通し」。
注文もしていない品なのに、勝手に出てくるのはなぜでしょうか。
「お通し」とは、店にやってきたお客さんが料理を注文し、「その注文を了解しました」=「注文をお通ししました」という意味で出される簡単な一品料理のことを指します。
類義語として、「先付け」や「突き出し」というものもありますが、こちらは「お客様が席についてから主菜が出るまでの間をもてあまさないように」とおつまみを出すという気配りから生まれたものだそうです。主に懐石料理の場で使われるようです。
お通しは一品料理ですから、当然料金が発生します。注文もしていないのに店側が勝手に出したものだからといって無料で食べられるわけではありません。この場合は一種の「席料」だととらえて、代金は支払うのがマナーです。チェーン店などでは「お通しカット」ができるお店もあり、事前に店員さんに伝えておけばカットすることもできます。代金は店によって様々ですが、相場としては300円~400円ほどが一般的でしょうか。
海外においては「お通し」の概念はなく、「席料」として「Table Charge」を支払うこととほぼ同義になります。
外国人のお通しに対する反応はポジティブで、「得した気分がする」や「待ち時間を退屈させないすばらしいおもてなしだ」などの声も上がっているようです。
一方で「嫌いなものが出てきたら困る」や「注文していないのになぜ代金を支払わなければならないのか」とネガティブに感じる人もいるようです。
お通しに関しては人によってとらえ方が違うようですね。

t002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ