ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

お歳暮 佃煮 ギフト

ホームページ用 ししゃもきくらげ(イメージ) ホームページ用 ちりめん山椒(イメージ) ホームページ 椎茸昆布(イメージ) ホームページ しめじ亭(イメージ)
味松葉(イメージ) とろろ巻昆布(イメージ) ごぼうせんべい(イメージ) 箱(1個)

佃煮の歴史とギフトとしての需要について

 

佃煮は、お歳暮のギフトの定番です。

佃煮はもともとは、お土産の定番でした。

作られ始めたのは、江戸時代です。

東京湾では多くの小魚や貝などが獲られていましたが、それを新鮮な状態のまま遠方まで運ぶ術は、当時はありませんでした。そのため、佃煮が作られたのです。じっくりと煮詰めることで、長期保存を可能にしたわけです。さらに煮詰めると縮んでコンパクトサイズになるため、運送にも便利でした。甘辛い味付けもごはんと相性が良く、佃煮は人気の食品となりました。

江戸時代には参勤交代というシステムがあり、各地域の藩主は定期的に江戸に来て勤務をしていました。勤務期間が終われば再び元の地域に帰るのですが、その際にお土産とされたのが佃煮です。

人気の食品ですし、日持ちがする上、持ち運びしやすいので、お土産としてピッタリだからです。

これにより、遠方に住まう親しい人々に佃煮を贈るという習慣ができたのです。

そして時を経て、お歳暮のギフトとして、通販などを利用して贈られるようになったというわけです。

現代では原料として山菜や根菜などを使うこともありますが、元々は先述したように新鮮な小魚や貝が使われていました。

海から遠く離れた場所に住んでいる人にとっては、小魚も貝もごちそうでした。それらから作られた佃煮もまた、素晴らしいごちそうです。そのため贈ると、非常に喜ばれていました。

今でこそ佃煮は広く一般に普及している食品ですが、当時の名残で高級品として尊ばれているものも多くあります。

たとえばアワビやマツタケなどの高級食材で作られたものは、実際に高級品ですし味も香りも良いので、ギフトとして非常に喜ばれます。

t002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ