ホームページ 横長(トップ)pixta_6747188_M

お中元豆知識・人気ランキング

ホームページ用貼付け画像ちりめん山椒 写真pixta_3420969_M

おいしい佃煮を取り揃えております。

絶品佃煮お取り寄せ本舗のホームページはこちらから

しめじ亭 (編集済) ホームページ画像

お中元とは、7月の初めから15日くらいの時期に、お世話になった人に贈り物をする習慣のことです。お中元の起源はとても古く、古代中国の道教には三官信仰があり神様を「三元」の日に祭ったそうです。この三元とは陰暦の一月が上元、七月が中元、十月が下元でありそれぞれの十五日に三官が生まれたと言われております。

もともとは中国の行事で、中元だけが日本のお盆と結びついて残ったもので、現在のような習慣として定着したのは江戸時代といわれ、日ごろの感謝を込めて贈る「夏のご挨拶」となったそです。

お中元は、お世話になった方々に感謝の気持ちをあらわす贈り物ですが、とくに、長いお付き合いになる方には、毎年お中元を贈ることになるので、お中元を贈った後は、必ずレシートや送り先のリストなどを保存しておくと過去のお中元で、誰に、どのような商品を贈ったか、予算はどのくらいだったか、といったことが分かりやすくなり、お中元の準備がしやすくなります。

東日本では7月の初めから15日まで、西日本では1ヵ月遅れの8月初めから15日までとされていますが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日の中元を「月遅れ」と呼び、最近は地方に関わらず、7月の中ごろまでに贈るのが一般的になりつつあります。一般的に3,000円~5,000円台程度が相場で、どのくらいの金額のものを贈るかはお世話になっている度合いで決める方が多いと思うのですが大手ショッピングサイトの人気商品をみてみると、肉、果物、ビール、そうめん、洋菓子、和菓子、調味料などで、百貨店でみると、カタログギフト、ビール、そうめん、ジュース等が上位にランクされているようです。送り先の方、ご両親、親戚、祖父母、会社の上司など相手様によって商品を考えないといけないので私自身はCMではないですが、毎年決まった商品を送る様にしてからあまり、悩まないようになりました。

t002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ